AppleのホリデークリスマスCM「Frankie’s Holiday」で心温まりながらクリーンインストール

   

Appleのホリデーシーズン恒例のクリスマスCM「Frankie’s Holiday」
毎年心温まる映像なので気になっていた。Youtubeではノーカットで見ることができる。

翻訳など言葉がなくても物語が理解できて、まるで短編映画を見ているようだ。
日本の豪華なイルミネーションや、明るいLEDや蛍光灯じゃなく
自然な暗い感じの映像がより温かさを際立たせている。

 

もう3年前になるが2013年の「Misunderstood」。ちょうどこの時期はスマホの普及と、
スマホばかり見ているのが社会問題になり始めた頃だった。しかし最後には意表を突かれ心温まる。
この「Misunderstood」は、エミー賞を受賞した。

 

ちなみに2014年「The Song」は祖母が贈った歌を孫がiPadでリメイクして祖母に贈る。

 

2015年の「Someday At Christmas」はスティービー・ワンダーとアンドラ・ディがを熱唱する。

 

3年でiPhoneの性能も向上し、今では画質も4KになってOSMO Mobileというスタビライザーも使ってみると、もうHDのビデオカメラより良かったりする。

そんな数年ぶりにMac Book Proを購入しクリーンインストールし
今年を締めくくり、Macを心機一転し新年を迎えようとしてる。

しかし先月リニューアルしたTouch Bar付きの最新モデルではなく、今まで使っていたRetina 15インチと全く同じモデル。
勢い余ってmacOS Sierra(10.12)にしてしまいIllustrator、Photoshop、Indesignなど
ほとんど使えるようにできたがAcrobat Pro Xがどうにもできなかった。

Sierra では,Java 6 のサポート終了に伴い、ターミナルでコマンドを実行し
Java 6がインストールされていると偽装すればできたのですが...

いや待てよ

ふと我に帰りYosemite(10.10)にダウングレードした次第です。
ここでまたまた一つ前のバージョンEI Capitan(10.11)にしようかと思いましたが
ここでもまた問題が。macOS Sierra(10.12)がリリースされた時点で
App Storeからダウンロードできなくなっているため
事前にダウンロードしていなければインストールできないという状況。

 

でもAppleのホリデーシーズンCMでほっこりして心を鎮める。

 

AD

 - Mac, 映像 , , , , ,